様々な費用を抑えられるレンタルオフィスで東京での起業を確実に

Virtual Office

初めはレンタルオフィスからスタート!

女性

開業費用は多くのお金がかかります。その中でもオフィスを借りる際の敷金や保証金は大きな割合を占めます。さらに悪いことに敷金は預けてあるお金なので、経費として認められません。これは大きなデメリットです。レンタルオフィスであれば敷金も少額で済みます。
ランニングコストも抑えられます。普通のオフィスに比べて、レンタルオフィスの賃料総額は低く設定されていることが多いです。これは開業間もないひとには助かります。レンタルオフィスは中心部にあることが多いものです。自分で借りようとすると、多額の賃料を負担しなければなりません。格安の賃料で名刺に中心部の住所を書けるのですからレンタルオフィスはそれだけでも有効です。
デメリットとしては、レンタルオフィスはどうしても狭くなります。畳一枚分くらいしかなかったり、オープンブースだったりします。これは賃料が安い分だけ我慢しなくてはいけない部分でしょう。一人で開業するのであれば何とかなる広さです。人を増やすのであれば、数人で使える部屋もあります。そこに移動することもできます。それでも手狭になれば、そのときはレンタルオフィスから卒業するときなのでしょう。レンタルオフィスは開業にはうってつけのオフィスです。