様々な費用を抑えられるレンタルオフィスで東京での起業を確実に

Virtual Office

秘書付きレンタルオフィスで人件費も浮かせよう

笑顔の男性

レンタルオフィスを利用する起業家が東京では増えています。立ち上げ時の家賃関連経費抑制というメリットに加え、レンタルオフィスが提供する価値が、現在東京でオフィスを必要とする様々な立場の方々のニーズにピタリと合っていることがその一番大きな要因でしょう。
例えば、レンタルオフィスは、一般の事業用物件の契約よりも柔軟性が高いという特徴があります。契約形態としてはマンスリーが主流で、多くの業者は最短1か月から契約可能です。保証金もせいぜい1か月~2か月程度のところが多く、家賃に必要以上にコストをかけたくない人にとってはとても助かる話です。
また、東京でも少しランクの高いレンタルオフィスなら、専任の受付や秘書によるサポートが受けられるところもあります。ビジネスを始めたばかりの時は、家賃と共にできれば人件費も抑えたいところ。しかし、営業活動でどうしても外に出ることが多くなりがちなスタートアップの段階では、事務所の電話番や秘書的な業務をこなしてくれる人手が欲しいことも確かです。優れたレンタルオフィスでは、そのようなニーズにもきちんと応えてくれます。秘書付きレンタルオフィスは、多少料金が高い傾向がありますが、自分で秘書を雇うよりはお安くなるでしょう。秘書付きレンタルオフィス、お勧めです。

格安レンタルオフィスをうまく探して活用しよう

東京で事業用物件をまともに契約すると結構な出費になってしまいます。そこで、ビジネスが軌道に乗るまでのつなぎとして、レンタルオフィスを事業所として活用する人が増えています。しかし、東京は居住用マンションでも家賃は全般的に高めです。レンタルオフィスを別に借りると、自分の住居の家賃に加え事業所の家賃も払わなければならず、それならいっそ自宅をオフィス代わりにしようか…そんな風に考える人もいるかもしれません。
しかし東京のレンタルオフィスの中には、所謂「格安」というものもあります。本当に安いものだと、月々の賃料が3万円を切るものさえあります。東京はレンタルオフィスとして利用できる物件が非常に多く、さらにレンタルオフィスサービスの提供会社同士の競争も激しくなる一方です。そんな事情もあり、東京の格安レンタルオフィスの賃料は、想像以上に利用しやすい値段に設定されています。
レンタルオフィスを使うだけでもかなりのコストダウンができますが、それをさらにお安く使いたい場合は、こうした格安物件から探すといいでしょう。また一般的にはニーズがあっても、自分には必要のないサービスを省くと、トータルのコストは低く抑えられます。つまり、サービスはオプション式で選べるところを探すのもコツです。

東京で起業するならレンタルオフィスでスムーズにスタート

東京で一人社長として、或いは個人事業主として起業するとき、経費として一番大きいものは何と言っても事務所の家賃でしょう。これからの収益がどうなるのか先の見込みが読めない時点では、余計な出費はなるべく抑えたいところ。そこで、東京なら沢山みつかるレンタルオフィスの活用をおすすめします。
少人数向けのレンタルオフィスは東京都内に沢山あり、サービス内容もレンタル料金も様々です。レンタルオフィスの所在地は東京の中でも一等地が多く、そこにオフィスを構えているということで、ご自分の事業の対外的な信頼度アップに大いに役立ちます。
レンタルオフィスの付帯サービスとしては、通常、高速Wi-FiやインターネットなどのITインフラは完備されており、レンタルしてから自分で手配する必要がないところが殆どです。また、家具類も最初からついているオフィスも多いです。デスクやチェア、打ち合わせテーブルなども買わずに済みますので、その分のコストダウンも可能です。クライアントと打ち合わせが必要な業種の方のために、大小様々なミーティングルームもあります。ご自分のビジネスの本拠地として一番便利なレンタルオフィスを見つけて、スムーズなスタートを切りましょう。